HIEプレップスクール

両国・柏の個別指導学習塾|HIEプレップスクール、中学生・中高一貫生・高校生を、 ていねいな指導でサポートします。

*

【HIEプレップスクール】18歳選挙について考えよう!――たかまつななのトークライブ――

      2016/05/06

写真2

みなさん、こんにちは!
両国校国語科講師の福島です。
今年(2016年)の夏の参議院選挙から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられます。この18歳選挙というテーマはAO・推薦入試でも取り上げられることでしょう。
そこで私は、たかまつななさんのトークライブ「あと5ヶ月…どーする?! 18才選挙権」に参加してきました。
たかまつななさんはお笑いジャーナリストとして、お笑いを通して社会問題を発信しています。芸能活動をする一方、慶應義塾大学総合政策学部(4月からは同大学大学院政策メディア研究科に入学予定)と東京大学大学院情報学環教育部で学びながら、講演会・シンポジウム・ワークショップ・イベント企画などを手がけています。将来の夢は、お笑い界の池上彰になることです。
今回のトークライブは2016年2月20日(土)の13:00から新宿ネイキッドロフトで開催され、料金は1500円、学割1000円(飲食別)、参加者は約20名でした。
18歳選挙権の導入にあたり、現役女子高生のリアルな声を聞いて、楽しみながら選挙について考察していきました。

写真3・18歳選挙

たかまつななさんは進行役で、他の出演者は下村健一さん(元TBS報道キャスター、元内閣審議官、慶應義塾大学特別招聘教授、関西大学特任教授、白鴎大学客員教授)、高倉陵さん(お笑いコンビ三拍子)、ニックさん(お笑いコンビタイムボム)、楠ろあさんと楠みゆうさん(女子高生ユニット反則実行委員会)でした。SEALDsのメンバーで京都大学の院生の方もスカイプ(Skype)を通して出演しました。
飛び入り出演者は、なんと、菅直人さん(元内閣総理大臣)でした!
最後にサプライズでテルさん(ものまねお笑い芸人)も出演しました。

写真4・18歳選挙

たかまつななさんは、世界の約190カ国・地域のうち約9割で選挙年齢が18歳以上であること、パキスタンのマララ・ユスフザイさんが11歳で女性への教育の必要性や平和を訴える活動を始め、2014年に17歳でノーベル平和賞を受賞したこと、僅かな票差が選挙結果を大きく揺さぶった例があったことなど、民主主義のトリセツを分かりやすく説明し、下村健一さんはそれを掘り下げていきました。
昨年(2015年)6月17日、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、公布されました。施行は今年の6月19日からです。今回の公職選挙法の改正により、満18歳以上満20歳未満の人が選挙に参加できるようになりました。選挙権年齢が変更されるのは、25歳以上から20歳以上に引き下げた1945年以来、70年ぶりです。
昨年10月、文部科学省は18歳以上への投票年齢引き下げに伴い、高校生の政治活動を禁じた1969年の通知を廃止し、デモや集会参加など高校生の校外での政治活動を容認しました。
選挙権年齢が18歳以上になったことによって、将来を担う若い世代の声を政治に取り入れることができます。
今回のトークライブ全体では、政治に参加しないと政治が腐敗する傾向にあるため、国民は政治に関心を持ち、政治を監視し、選挙に行く必要があることを伝えていました。市川房枝さんの「権利の上に眠るな」という色紙の言葉が心に残りました。私たちは1票の重みを知る必要があるのです。
菅直人さんは原発問題に言及し、原発の危険性、国難における民主的なリーダーの必要性を説いていました。

写真5・18歳選挙

奇しくもトークライブ当日の『東京新聞』朝刊の第1面に「原発事故 政府の力では皆様を守り切れません」という見出しの記事が掲載されました。これは、2011年3月11日の東京電力福島第一原発事故の際、首都圏で大規模な避難が必要になる最悪のシナリオに備え、当時の菅直人・民主党政権下で首相談話の作成が極秘に行われていたという記事です。
この草案は、文部科学副大臣だった鈴木寛さん(元民主党参議院議員)の依頼によって、内閣官房参与を務めていた平田オリザさん(劇作家)が書きました。しかし、原発事故の放射能汚染が首都圏に及ぶ可能性が少なくなったことから公表されませんでした。菅直人さんは今回のスクープが明らかになるまで首相談話草案の存在を知らなかったそうです。
男性議員の育休取得を主張してイクメン議員と呼ばれていた宮崎謙介さんは、今年の2月16日、妻の妊娠中に不倫をしたことにより、衆議院議員を辞職しました。その不倫が明らかになる前に、たかまつななさんは宮崎さんに直撃インタビューをしていて、その動画を公開してくれました。事務所の壁にはグスタフ・クリムトの絵『接吻』が掛けられていました。その絵は何かを象徴しているようでした。たしかに宮崎さんはイケメンでチャラ男的な面がありましたが、政治に関してはオープンで良い面もあったそうです。
ある人が問題を起こしたら、マスコミはこれでもかと言わんばかりに、その人を叩く傾向があります。しかし、そのようなマスコミに流されずに、冷静にバランス感覚を持って出来事を判断することが必要です。このことを下村健一さんに教えられました。

写真6・18歳選挙

最後に登場したテルさんは菅直人さんに本当にそっくりで、大笑いしました。初対面らしいです。
トークライブは「From Hong Kong Youth To Japanese Friends 民主主義を求め闘う香港の若者から日本の友へ」(2014年)という題の動画を見て終了しました。これはユーチューブ(YouTube)でも見ることができます。

写真7・18歳選挙

女子高生代表の楠ろあさん(19歳)と楠みゆうさん(17歳)は今回のトークライブに出演して政治に関心を持ち始めたようでした。たかまつななさんにお笑いジャーナリストの真骨頂を見せてもらい、その企画力とトークのすばらしさに私は大変感動しました!
私は昨年11月21日(土)に慶應義塾大学SFCのORFで、たかまつななさんの研究論文発表「池上彰はどのように例えているのか―社会問題の説明をデータとしたレトリック分析―」を聴いて以来、彼女のお笑いジャーナリストとしての活動に注目しています。
今回のトークライブはTwitterを通して知りました。参加して本当によかったです。ロールプレイングゲームで選挙のデモンストレーションも行う予定だったらしいですが、話が盛り上がり過ぎて実現できなかったそうです。それは次回に行うようなので、楽しみです。
トークライブ終了後、たかまつななさんと少しだけお話しすることができました。「AO・推薦入試に関するトークも可能です!」とおっしゃっていました。機会がありましたら、ぜひHIEプレップスクールでも華麗なトークをしていただきたいです!
たかまつななさんの益々のご活躍をお祈り申し上げます!

写真8・18歳選挙

総務省は広瀬すずさんを起用してホームページ(HP)で18歳選挙についてのプロモーションをしています。市長選挙を模擬体験できたり、自分の選挙ポスター風写真を作ったりすることもできます。エグスプロージョン(ダンスユニット)の最新作『選挙権の変』も見ることができます。面白くて勉強にもなりますよ!


★両国・柏の個別指導学習塾HIEプレップスクール★
お問合せは各校舎まで
両国校03-6659-6726
柏校04-7157-4288

 - 受験情報