HIEプレップスクール

両国・柏の個別指導学習塾|HIEプレップスクール、中学生・中高一貫生・高校生を、 ていねいな指導でサポートします。

*

【HIEプレップスクール】18歳選挙について考えよう!Part2 ――たかまつななからの重大発表とは?――

      2016/05/14

写真2・18歳2
みなさん、こんにちは!    
両国校国語科講師の福島です。
私は「第3回たかまつななの笑下村塾~どーする?!18歳選挙権~」に参加してきました。
今回のトークライブは2016年4月30日(土)の13:00から新宿ネイキッドロフト(Naked Loft)で開催され、料金は1500円(飲食別)、参加者は40人以上で立見が出るほどの大盛況でした。社会人が多く、中でも学校の先生らしき人が目立ちました。「つまらなかったら高校生には全額返金!」とポスターに書いてありましたが、高校生も十分楽しんでいたと思います。おそらく全額返金することはなかったでしょう。テレビ局や新聞社の取材もあったそうです。
今年の2月20日(土)の「第2回たかまつななの笑下村塾~あと5ヶ月…どーする?!18才選挙権~」に参加して大変感動しましたので、第3回も参加しました。
第2回の内容については3月15日のブログ「18歳選挙について考えよう!――たかまつななのトークライブ――」でご報告いたしましたので、ぜひご覧ください。
昨年(2015年)12月5日(土)の「第1回たかまつななの笑下村塾~2015年のニュースを早くも振り返るライブ~」の参加者は7、8人だったそうです。第2回は約20人、第3回は40人以上というように参加者がだんだん増えていて、たかまつななさんの活動の注目度が高まりつつあることが分かります。

写真3・18歳2

今回のトークライブの出演者はたかまつななさん(お嬢様芸人・お笑いジャーナリスト)の他に、下村健一さん(元TBS報道キャスター、元内閣審議官、慶應義塾大学特別招聘教授、関西大学特任教授、白鴎大学客員教授)、なちゅさん(ギャル書道家)、石垣千菜美さん(現役女子高生モデル)、小田理恵子さん(川崎市議会議員)、森田哲矢さん(お笑い芸人・さらば青春の光)でした。
今年の夏、18歳選挙権が導入されますが、たかまつななさんは何の変化の兆しもないことに危機感を覚えて、今回の「笑える!使える!政治教育ショー」を開催しました。
《目覚めよ、現役高校生! もっと身近に政治を考えるんだ! そんな思いで、1人のお笑い芸人が、新しい政治教育メソッドの開発に挑んでいる。「理屈っぽい・眠れる」政治学習から、「感覚的な・笑える」政治学習へ。――現役高校生・おバカタレントを相手に、実験する日がやってきた。》(新宿ネイキッドロフトのホームページの「スケジュール」より)
このように述べているたかまつななさんは本気です!
本気で若者と政治との間の距離を縮めようとしているのです!

写真4・18歳2 

今回のトークライブのプログラムは次のとおりです。

①私の18歳
②3分で分かる民主主義
③選挙に行かないと損をする?―生涯収支から考えよう!―
④本当に若者は損をしているの?―ロールプレイングゲームをやってみよう!―
⑤世界を動かす10代ニュース
⑥自分の思いを社会で実現するには?
⑦民主主義って本当に素晴らしいの?―議員は変人ばかり?―
⑧悪い政治家を見抜く人狼ゲーム
⑨選挙に行かないと…恐怖の近未来ワイドショー
⑩たかまつななからの重大発表!

②の「3分で分かる民主主義」で、たかまつななさんはパワポ芸で民主主義について分かりやすく説明してくれました。民主主義の仕組みと良い面を説明する一方、民主主義国家でアドルフ・ヒトラー(1889~1945)によるユダヤ人の大量虐殺のような暴走が生まれる危険性もあることを指摘していました。
ポーランドのアウシュヴィッツ強制収容所にあった靴の山のスライドを見た時、私はアドルフ・オットー・アイヒマン(1906~1962)を思い出しました。元ナチス親衛隊(SS)中佐アイヒマンはホロコーストにおけるユダヤ人列車移送の最高責任者を務め、1961年にユダヤ人の大量処刑という残虐行為に関してエルサレムの法廷で裁かれました。
政治哲学者ハンナ・アーレント(1906~1975)は『イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告』(みすず書房、1969・2)の中で、アイヒマンが平凡で小心な人間であることを見抜き、だれもがアイヒマンになりうると警鐘を鳴らしました。ごく普通の人間が命令と服従の原理に基づく組織の中ではいとも簡単に悪事を行ってしまうことがあるのです。アイヒマンは他律的人間の典型だといえるでしょう。民主主義社会の中で人間は他律的ではなく自律的な行動をとることが必要なのです。このことを若い人にもぜひ知ってほしいと思いました。
④のロールプレイングゲームと⑧の悪い政治家を見抜く人狼ゲームは、今回初めて実施されました。両者とも大変面白いものでした。機会がありましたら、みなさんもぜひゲームを体験してみてください。
④のロールプレイングゲームでは、人口比率と投票率が投票結果に大きな影響を及ぼすことを実感しました。
⑧の悪い政治家を見抜く人狼ゲームでは、悪い政治家を見抜くことの難しさを実感しました。このゲームをしている様子を撮った写真は、たかまつななさんのTwitter(4月30日)にアップされていて、私も写っています。このゲームはたかまつななさん、池田練悟さん、下村健一さん、学友のTさんの合作です。
⑦では小田理恵子さんの『ここが変だよ、地方議員』(萌書房、2015・3)が紹介されました。この本は、政務活動費の私的流用などの不祥事がある中で、地方議員や議会の実態と問題点を4コマ漫画とエッセイで分かりやすく説明しています。
看板、カバン(金)、地盤があると選挙で当選しやすいと言われていますが、小田さんはこれらに無関係であるにもかかわらず、若い人の代弁者になりたいと主張して当選したらしいです。
さて、⑩の「たかまつななからの重大発表!」とは何でしょうか?
なちゅさんや石垣千菜美さんなどの出演者たちは「結婚の報告ではないか」と推測していました。しかし、そうではありませんでした。たかまつななさんには少し年上の許嫁がいて結婚話もありましたが、お笑いの活動をしていることが発覚し、破談になってしまったそうです。
今回の重大発表とは、結婚の報告ではなくて、なんと、たかまつななさんが22歳の若さで今年の4月21日に代表取締役となって「株式会社 笑下村塾」を設立したことです!
この会社のホームページ(URLはhttp://www.shoukasonjuku.com)を見ると、たかまつななさんのやる気を強く感じます。
たかまつななさんは「政治をもっと身近に感じてほしい」という想いから、「笑える!使える!政治教育ショー」を作りました。さらに、起業して「社会を身近に感じるドキドキ・ワクワクする楽しいコンテンツ」を積極的に教育の場に提供しようとしているのです。業務内容は①出張授業、②講演会、③コンテンツ開発、④イベントの企画・運営です。
たかまつななさんは今回のイベントの内容を改良して、全国の高校で主権者教育の出張授業を実施することを考えています。
5月2日付の『東京新聞』によれば、今年度から都立高校の新教科「人間と社会」が始まりました。この教科では、高校生がみんなで議論して答えを出していくことを通して自分の生き方を学びます。教科書では「働くことの意義」「文化の多様性」など18のテーマを設定しています。この中から4テーマを選び、授業を行います。「主権者としての自覚」というテーマでは、夏の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることも取り上げています。この教科書は大型連休後に市販されるらしいです。
今年の夏から18歳選挙権が導入されるだけでなく、2022年度をめどに高校に必修の「公共」「歴史総合」(いずれも仮称)などの新科目が設けられる予定です。
たかまつななさんの活動は、このような時代の流れにうまくマッチしていて、大変すばらしいイノベーションだと思います。
たかまつななさんはお笑いジャーナリストの活動が慶應義塾大学に認められて今年3月の卒業式で表彰されました。現在、芸能活動や「笑える!使える!政治教育ショー」をする一方、東京大学大学院情報学環教育部、慶應義塾大学大学院政策メディア研究科で学んでいます。まさに「21世紀の新しい福沢諭吉」です。
明治時代に活躍した福沢諭吉(1835~1901)は日本の啓蒙主義を代表する思想家であり、慶應義塾を開設して西洋の近代思想を日本に紹介し、日本の近代化に貢献しました。
しかし、21世紀は近代思想だけでは人類の存続ができません。文明の大転換が求められています。近代思想のマイナス面を乗り越え、新たな思想を創造する必要があります。つまり、「新しい福沢諭吉」が必要なのです。自律的な行動ができる「新しい福沢諭吉」がたくさん現れて活躍しなければ人類に未来はありません。
「笑下村塾」は吉田松陰(1830~1859)の松下村塾も意識しているのでしょう。
慶應義塾や松下村塾が社会を変革する若者を輩出したように、笑下村塾は21世紀の社会をよい方向に変えていくことを志す若者の育成に貢献してくれることでしょう。
たかまつななさん、応援していますよ! 
さらなる夢の実現に向けて頑張ってくださいね!

18歳選挙というテーマは、AO・推薦入試や一般入試の小論文で取り上げられる可能性が高いです。そこで、18歳選挙に関連した本を推薦しておきます。
それは岩波新書編集部編『18歳からの民主主義』(岩波新書、2016・4)、柄谷行人『憲法の無意識』(岩波新書、2016・4)です。
ぜひ読んでください。
 
[付記〕
AO・推薦入試を受けようと考えている方は、ぜひHIEプレップスクール両国校にご連絡ください。画期的なオリジナルシステムを活用し、合格へ向けて強力にサポートさせていただきます。


★両国・柏の個別指導学習塾HIEプレップスクール★
お問合せは各校舎まで
両国校03-6659-6726
柏校04-7157-4288

 - 受験情報